外科的矯正の紹介

非常に難しいケース(外科的矯正治療/手術を併用した治療)について

成人の患者さん、成長期の患者さんでも重度に骨格の問題がある患者さんの場合、歯の矯正治療単独では満足した歯並びが得られない場合があります。その場合は手術が必要になる場合があります。
この矯正治療は更正医療といわれ練馬区では当院が現在一番古い認定医療機関(平成22年度現在)です。また、育成医療機関(厚生労働省が定めた先天性疾患の矯正治療)でもあります。育成医療に関しては、当院にご来院になっていただいた時に写真等をお見せすることができます。

当院は東京歯科大学水道橋病院、東京歯科大学千葉病院、都立大塚病院、都立豊島病院、都立駒込病院と連携をとって、外科手術を必要とする矯正治療を行っております。
この矯正治療、外科手術には健康保険が適応されております。
保険による点数、患者さんの保険負担額、毎回の処置の内容により費用は変わりますが、矯正治療の総額費用として約20~30万円位です。

この更生医療機関では、写真の様な顎の動きを再現させる装置も用いて診断を行います。

また、治療例では顔の状態が変わっているのがお解りになると思います。

治療前

治療後

こちらは矯正歯科治療の術後に欠損部分の治療を予定されている患者さんのケースです。

治療前

治療後