メインテナンスの重要性

いつまでも健康で美しい歯を維持するために

いつまでも健康で美しい歯を維持するために

当院では、矯正治療中に虫歯や歯周病にかからないために、患者様のお口の中のメインテナンスにも力を入れています。また、治療が終了しても、生涯健康なお口でいられるよう患者様をサポートしていきます。

矯正治療後は、歯が痛くなったときだけ歯科医院に行くのではなく、定期的に通院してメインテナンスを行い歯の健康を守るようにしましょう。奥歯や歯と歯ぐきの間にある溝に溜まった歯垢(プラーク)は、普段のブラッシングだけではなかなか取り除ききれません。歯科医院で専門的な器具を使って定期的にクリーニングして、お口の中の健康を維持することが大事なのです。

保定装置(リテーナー)の着用

保定装置とは矯正装置による治療を行い、咬み合わせと歯並びを整えた後に、後戻りを防ぎ歯の位置を安定させるために使用する装置のことです。歯を移動させる矯正装置とは違い、歯を動かさないように保定させる装置になります。矯正治療後も、歯の根の周りの骨はしっかり固定されておらず、不安定な状態にあります。さらに、歯と歯ぐきを結んでいる線維の形は簡単には変化せず、移動後の位置から元の位置へと戻ろうとする力が歯に加わってくるのです。そのため保定装置を利用して、新しい歯や顎の位置になじむまでの間、歯を固定して後戻りを防ぎます。

虫歯・歯周病に気を付けよう

虫歯

虫歯は、歯の表面に付いた食べ物の残りカスが作る歯垢が原因で引き起こされる病気です。歯垢に住む微生物が、食べ物の中の糖分を栄養源として酸を作り、その酸によって歯が溶かされてしまいます。

歯周病

歯周病

歯周病とは、歯垢中の細菌によって歯肉が腫れて出血し、やがては顎の骨が溶けてしまう病気です。最終的には歯が抜け落ちてしまいます。ある程度まで進行しないと自覚症状が現われません。歯周病は咬み合わせの異常により、部分的に歯に負担がかかり過ぎて引き起こされることもあります。奥歯は縦方向の力には強いですが、横方向の力には弱くできています。また、この力が細菌の代わりとなり、炎症を起こして骨を非可逆的に溶かしていくのです。もちろん、このときも痛みは感じません。

虫歯や歯周病はひどくなってから治療すると、時間も費用もかかります。そのため当院では、矯正治療中に定期的に来院していただき、ブラッシング指導を行うとともに、虫歯や歯周病があるかチェックさせていただきます。また、歯質を強くするために矯正治療の前にフッ素塗布を行っています。フッ素塗布を行わずに治療を進めると虫歯にかかるリスクが高くなってしまうのです。

カリエスリスクテストの判定

カリエスリスクテストとは、いくつかの因子の検査結果と患者様の全身状態や生活スタイルなどの情報を総合的に見て、虫歯にかかりやすいかを調べる検査です。検査時間は10分程度で、虫歯を作る要因のうち、「唾液」と「細菌」について調べ、その結果からお口の中の衛生状態や虫歯のなりやすさを判定します。

カリエスリスクテストの判定

カリエスリスクテストの判定

カリエスリスクテストの判定

当院では、矯正治療中もカリエスリスクテストに基づいて、適切なブラッシング指導や検診を行うようにしています。また、虫歯予防にも効果的なので、治療後もカリエスリスクテストの結果を基に、一人ひとりに合った指導や検査をしていきます。

※画像は(株)トクヤマデンタルより転載

CAT21(シーエーティー21)による判定

CAT21(シーエーティー21)による判定

当院では矯正歯科治療を始めるまえの資料をとる際に、CAT21(シーエーティー21)というキットを用いて虫歯のなりやすさについての検査をしております。検査用のガムを噛んでいただくだけで、唾液と細菌について検査を行えます。

バナペリオによる判定

バナペリオによる判定

当院では矯正歯科治療を始めるまえの資料をとる際に、バナペリオというキットを用いて歯周病のなりやすさについての検査をしております。
歯垢を採るだけで検査が可能なため、検査時に痛みなどはありません。

WEB診療予約