矯正治療の注意点

矯正治療前の注意点

矯正治療前の注意点

矯正治療を受ける前にはセファロというレントゲン(頭部全体の規格のレントゲン)、パントモ(お口全体のレントゲン)、顔やお口の中の写真、カリエスリスクの検査、骨年齢と色々な資料を採らせて頂きます。この時点で歯の根がもともと短い、歯周病が進んでいる、カリエスリスクが高過ぎるなど結果が出た場合には、治療はお薦め致しません。歯並びより歯の寿命を優先する事もあります。また、この資料をもとに、後日細かい治療計画をご説明しますので、わからない事、不安な事があれば納得のいくまで質問して下さい。そして、患者様が納得した上で治療を進めます。

矯正治療は一般的な歯科治療と違い、年単位の時間がかかる場合もあります。実際、家を建てる時より平均的には時間がかかっていると思います。患者様自身もいつ治療が終了するのか、不安になる時もあると思います。当院では必ず6ヶ月に1回は写真を撮り、1年に1回はレントゲンを撮り患者様にご説明をしております。その時に診断時の治療計画から患者様の治療がずれていないかお話し合いをする機会を設けております。また、矯正治療は患者様に協力して頂かないと治療の結果が満足出来ない場合もあり、その事も半年に1回のお話会いで、ご説明差上げております。

矯正治療中の注意点

矯正装置を装着して食事をすると、装置の周囲に食べカスが残りやすくなります。そのため時間をかけて丁寧にブラッシングしないと、装置の周囲が虫歯や歯周病になってしまう恐れがあります。せっかく歯並びを治しても虫歯や歯周病にかかってしまっては意味がありません。治療中は下記のことに注意しましょう。

ブラッシング

ブラッシング

毎食後必ず歯を磨き、何か食べたら歯を磨く習慣を付けるようにしてください。外出時でもできるだけ食後は歯を磨くようにすることが、虫歯・歯周病予防につながります。通常の歯ブラシでも磨けますが、装置の構造に合わせた磨きやすいタイプの歯ブラシがあります。できる限り面倒くさがらずに使い分けてブラッシングしましょう。また手鏡を利用して、装置の周囲に歯ブラシがしっかり当たっているか、汚れが取れているかなどを確認しながら磨くのがポイントです。

食べ物

食べ物

ガムやキャラメル、おもちなどは歯や矯正装置に付着しやすいため、できるだけ避けてください。また、おせんべいやナッツ、氷などの固いものを噛むと、装置が破損する恐れがあり危険です。小さく砕いてから食べるようにしましょう。

クセ

お口に装置が入っているのでほほ杖や舌を動かすクセ、寝ている間のクセなどは怪我の原因になりかねません。怪我をしないためにも、意識して直すようしてください。

WEB診療予約