大人の矯正治療

成人矯正とは

子どもの時に矯正治療をしないと手遅れになる、といったことをお聞きになった経験はありませんか?

歯周病がかなり進んでいない限り、矯正治療は何歳になっても可能です。また、骨格の成長が終了しているので、かえって歯の最終的な位置付けがしやすくなります。そして歯が綺麗に並ぶ事で、患者さんにとっては歯磨きが、歯科医院にとっては歯石が除去しやすくなり、歯、歯肉の健康が保たれ易くなります。

大人の矯正治療の場合では主に歯並びの矯正治療になります(骨格的に問題がある場合は外科的矯正治療の項目をご覧になって下さい)。

大人の矯正治療の場合、歯が並べば良いという事でなく、その後も安定していないと意味がありません。その為当院では最終的な咬み合わせ、歯並び、治療後の安定性などを患者様にチェックして頂く事が出来る様にしております。

また、なぜ矯正治療で抜歯する患者さんがいらっしゃるのか?抜歯しない患者様がいらしゃるのか?を患者さんに解りやすくご説明差し上げております。

月一回の治療に通っていただいた場合、特別な場合を除き治療期間は2年程度を目安にお考えください。その他のケースは相談時にご説明します。

非常に難しいケース(外科手術が必要なケース)は、別の項目もご覧ください。

もちろん簡単な症例であればもっと早く治療を終わらせることが可能ですし、患者さんが装置をつけている期間を可能な限り短期間にすることを念頭に置いて治療をしております。

装置にも色々とあり、目立ちにくい装置やワイヤー、舌側からの矯正治療(リンガル)などがあります。矯正治療の紹介のページを見て下さい。

多少費用が変わりますので、ご来院時にお尋ね下さい。

症状チェック

成人の過蓋咬合

成人の過蓋咬合

咬み合わせが深く、物を噛むと上顎の歯肉と噛み込んでしまいます。前方から見ると下顎の前歯が見えない状態です。

成人の開咬

成人の開咬

奥歯で噛んでも前歯が噛み合わず開いてしまう状態です。麺類などを噛み切ることができません。

成人の反対咬合

成人の反対咬合

下の歯が上の歯より前に出ている状態で、上手に噛めないのはもちろん、聞き取りにくい発音になります。

成人の叢生

成人の叢生

歯の大きさと顎の大きさのバランスが悪さ、乳歯から永久歯のはえ変わり方の不具合により生じます。歯が適切な位置に生えていない状態で、ブラッシングがしにくく、虫歯、歯周病にかかりやすくなります。

成人の上顎前突

成人の上顎前突

上の前歯が著しく前に傾斜して生えていたり、上の歯が全体的に前に出ていたりする状態です。前歯で物をうまく噛めません。

成人の上下顎前突

成人の上下顎前突

成人の上下顎前突

上下の歯が突出している状態です。口が閉じづらくなり、唇、口腔内が乾燥しがちです。口腔内が乾燥することにより歯肉炎になり易くなります。

成人矯正治療例

症例写真は矯正治療で難しいとされている開咬の治療例です。それぞれ歯を抜いて治しておりますが、現在も安定した状態です。

通常であれば、骨格の前後・左右のバランスが悪い場合、顎の骨の手術が必要になるのですが、手術をせず、抜歯のみで治療できる場合もあります。
非常に難しいケースですので治療期間は通常2年~2年半です。
治療終了後も安定した咬み合せを保っています。

上顎前突と開咬のケース

治療前

治療前

治療中

治療中

上顎の小臼歯を抜歯し、大臼歯を起こしています。

治療後

治療後

上顎の傾斜も改善し、下顎としっかり咬み合って、前歯で食べ物を咬み切ることができるようになりました。

下顎前突と開咬のケース

治療前

治療前

治療中

治療中

下顎の小臼歯を抜歯し、大臼歯を起こしています。

治療後

治療後

下顎は勿論、上顎の前歯の傾斜も治って、しっかり咬み合っています。

上下顎前突と開咬のケース

治療前

治療前

治療中

治療中

上顎と下顎の小臼歯を抜歯し、大臼歯を起こしています。

治療後

治療後

前歯の傾斜も治って、しっかり咬み合っています。

WEB診療予約